「HERO」 

f0052940_22541151.jpg東京地検城西支部に再び戻った久利生(木村拓哉)は、ある傷害致死事件の裁判を任されるが、容疑者が初公判で犯行を全面否認、無罪を主張したために思わぬ事態を迎えてしまう。

被告側の弁護士・蒲生(松本幸四郎)は“刑事事件無罪獲得数日本一”の超ヤリ手。
さらに事件の背後には、大物政治家の花岡練三郎(森田一義)が糸を引いていることを突き止める。 (シネマトゥデイ)



2001年に放送された「HERO」の東京地検城西支部の面々が帰って来ました。木村拓哉は、何をやっても「キムタク」なのであまり好きではありませんでした(ついでに言えば、松たか子も・・・)が、あのドラマは好きでした。
というわけで、先週末金曜のレイトショーで観て来ました(「エヴァンゲリオン」を観たいという娘といっしょに同じシネコンで)

面白くて笑えるけど、テレビドラマ2時間スペシャルの超~豪華版!の域を出ていなかったような・・・。芸達者な城西支部の他のメンバー、小日向文世、阿部寛、大塚寧々、勝村政信 八嶋智人、角野卓造などなど、みんな変わらず健在で 一人キムタクだけが 6年の歳月を感じさせていました。

特にスクリーンにアップになると、若さを感じられないというか(まあ若くはないので仕方ないけど)、ハリがないというか、昔に比べて微妙にふっくらしたかも・・・?などと、アンチキムタクの私は あら探しをしては「やっぱり、キムタクも年には勝てないね~」と、一人納得してました(嫌な性格で<(_ _)>)

被告弁護人・蒲生役の松本幸四郎はなかなかだったけど、悪徳代議士・花岡役のタモリは、役不足というか、ミスキャストだと思ったし、綾瀬はるかの登場も あまり意味がなかったような・・・?

イ・ビョンホンは「あら、結構カッコいいじゃん」と認識を新たにしたりしているうちに、裁判も花岡代議士の法廷登場で無事検察の勝利?と相成り・・・23時の映画終了間際、ふっと睡魔に襲われ・・・気がつけば、キムタクと松たか子のキスシーンで映画は終わっていました~\(◎o◎)/!
「HERO」公式HP
[PR]

by alice0518 | 2007-09-18 21:53 | 映画・舞台・TV他  

<< 「陰日向に咲く」 劇団ひとり 栗おこわ >>